福岡脱毛評判クリニック > 医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の仕組み
医療レーザー脱毛の仕組み1

レーザーの光は毛を剃った状態の皮膚の毛穴から見える黒い色に反応します。これが極端に日焼けした肌や、ほくろのある箇所に照射できないという理由です。医療レーザーは毛母細胞の中にあるメラニンのみに反応しますので、他の皮膚や細胞にダメージを与えることはありません。

よくレーザー脱毛において心配されるやけどや色素沈着の心配もありません。そしてレーザーの光は黒いメラニンに吸収されて熱を持ちます。その熱が周囲に広がり、毛根を燃やして毛を育てる毛乳頭にダメージを与えるという方法で毛が生えてくるもとから破壊します。

医療レーザー脱毛の仕組み2

「レーザー照射を行ってもすぐに毛が抜け落ちてきません」という声がよくありますが、しばらくの間は、皮膚から毛乳頭まである毛が毛穴の中に残り黒くプツプツとした状態に見えます。
これが完全に抜け落ちるとツルツルした状態へとなります。
これを毛の生え変わりのサイクルである毛周期に合わせて繰り返し照射を行うことで、年中スベスベの肌へとなっています。1回のレーザー脱毛で全ての毛がなくなるというわけではない理由はここにあったのですね。

脱毛の仕組みを理解するためには、毛周期について知っておく必要があります。毛には毛周期という「成長期」「退行期」「休止期」から成る3つのサイクルがあります。

医療レーザー脱毛の仕組み3

毛周期は部位によってそのサイクルが異なり、3ヶ月サイクルと比較的短いまつげや眉毛から、髪の毛のように5年前後のながいものもあります。部位に合ったサイクルで照射することが、効果的な施術と言えます。目に見えている毛であっても、「退行期」にある毛は毛母細胞の活動が休止しており、毛髪でいうとブラッシングや洗髪で簡単に抜け落ちてしまう状態のことです。

この「退行期」にレーザーを照射しても、毛乳頭と毛自体の結びつきが弱くなっている時期ですので、確実に細胞を破壊するに足りません。以上が簡単ではありますが、医療レーザー脱毛の仕組みとなっています。福岡でもこの方法が永久脱毛の主流となっています。

医療レーザー脱毛の知識
福岡のような大都市には医療脱毛サロンが数多くありどの機関を選ぶかが大変重要になってきます。
良い評価の機関を選ぶことも大切ですが、自分の基準にあった機関を選んだ方が満足いく結果となります。

そのためには、医療レーザー脱毛についての知識があるのとないのとでは大きく違ってきます。
医療レーザー脱毛とは、医療機関のスタッフ、つまり医師のみが扱いを許されている機械です。出力レベルが高く、肌によって強弱を調整できます。
また、出力レベルが高い分効果は抜群です。
エステサロンと比較し、金額は高いですが、効果に満足できることが特徴です。

また、1回の施術で完璧に脱毛は終わりませんが、効果がある分回数も数回で終わるため、短期間で済みます。
医療レーザーは出力レベルが調節できるといいましたが、そのおかげで肌の弱い方にも治療を受けていただけます。
丁寧なカウンセリングと通して患者様一人一人の状態をしっかりと把握しているからです。